研究方法

保健指導プログラムの概要

介入自治体における保健指導
受療行動促進モデルによる保健指導プログラムを用いる。

①医療機関への受療勧奨に焦点をあてた保健指導の実施
②保健指導の中で継続受療についての重要性の強調
③翌年度の特定健診受診勧奨

受療行動促進モデルによる保健指導

対照自治体における保健指導
各自治体の基準により選定した対象者に対し、各々の方法で保健指導を行う。

↑ページのトップへ戻る

保健指導プログラムの標準化とモニタリング

【保健指導プログラムの標準化:年2回程度】 介入自治体のみ

目的

どの介入自治体においても、一定の手順に従って保健指導プログラムを遂行できるよう、保健指導プログラムの方法を標準化し、研究の質の担保を図る。

研修内容

a)事務職・保健指導等のリーダー職員に対する研修

  • 研究の意義や内容
  • 自治体における研究実施体制
  • 研究に必要なデータの収集・管理 等

b)保健指導実施者に対する研修

  • 保健指導プログラムの特徴及び実施方法
  • 健診結果が意味する生活習慣病のリスク
  • レセプトの活用方法
  • 自治体ごとの事例検討会 等

【保健指導プログラムのモニタリング】 

目的

保健指導プログラムの実施状況を把握するとともに、問題点を抽出し、保健指導プログラムを適切に実施するための方策を検討する。

内容

a)介入自治体

  • 保健指導に関する記録票等の収集
  • データの収集・管理状況の確認 等

b)対照自治体

  • 保健指導実施状況にかかるアンケート調査
↑ページのトップへ戻る